コンビニメニューを活用して継続してみよう

ダイエットをしている人や、現在の体重をキープしたい人は、コンビニのおでんを活用してみてはいかがでしょうか。各店によって、様々なメニューを出しています。特にこんにゃくや大根のように10カロリー前後でゼロカロリーに近いメニューもあります。また、スープが大根などの野菜に浸透しているため、鍋料理を食べた時のような満腹感が得られます。また、温かい食べ物は早食いの防止になるだけでなく、体の内臓を暖めて新陳代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。消化も良くスープもほとんど油分が無いので、胃腸の調子が悪い時にもおすすめです。

運動や食事制限をしても痩せないという人は、冷たい食べ物を食べ過ぎていないか考えてみましょう。ただし、中にはカロリーが高いメニューもあるので注意しましょう。ソーセージや餅巾着は100カロリー前後あります。2つ3つ食べてしまえば、ご飯一膳のカロリーに簡単に届いてしまいます。卵やチーズが使われているメニューにも注意しましょう。カロリーや脂質が低くて良質なタンパク質を摂取するなら豆腐がおすすめです。タンパク質は脂肪燃焼に必要な筋肉を作る大切な栄養素です。どうしてもソーセージなどこってりしたメニューを食べたい場合は、大根やこんにゃくを組み合わせて全体のカロリーを調整します。逆に全体がカロリーの低いメニューばかりなら、手持ちのチーズを少しかけて洋風おでんにアレンジして食べるのも良いでしょう。大切なのは、食べ飽きないように工夫する事です。老若男女に人気があるおでんは、体に優しいだけでなく自然と会話も弾むかもしれません。上手に利用してダイエットの味方にしてみてはどうでしょうか。

Comments are closed.