痩せやすくなる?オススメの食材

ダイエット中には有酸素運動をして、脂肪を燃焼させることが欠かせません。脂肪が減った分は、そのままではいけません。運動と同時に高タンパクな肉料理を食べて、インナーマッスルを養うことが必要です。インナーマッスルが強化されることで、基礎代謝が向上して太りにくくて痩せやすい体へと変化を遂げていきます。脂肪分のとり過ぎだけには気をつけていれば、豚や牛の料理を積極的に食べても大丈夫です。

魚類も高タンパクであるため、インナーマッスルを作る源になります。特に赤身の魚やイカなどはおすすめです。アミノ酸スコアが優秀なマグロやカツオなども食べれば、エネルギー代謝もよくなります。

海藻類やきのこには水溶性と不溶性の食物繊維が含まれます。水溶性の食物繊維は多糖類の一種ですが、摂取することによって血糖値の上昇をゆるやかにさせる効能があります。さらに、コレストロールの吸収も軽減させる働きをします。不溶性の食物繊維は、腸の中で膨張して便を押し出す働きをしますから、便秘改善の効果が極めて高いのです。海藻類やきのこは低脂肪で食物繊維が豊富な健康食材です。意識的に食べるようにすれば、ダイエットの大敵の便秘に打ち勝つことができます。

Comments are closed.